隠れうつ病が徐々に増加中あなたは大丈夫?

うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう

治すより防ぐ

男の人

うつの治療期間

風邪は初期段階のうちに治療すれば症状は軽度のまま1日程度で完治します。しかし、うつは一度発症すると初期症状でも治療に非常に長い年月がかかります。場合によっては1~2年かかり、その間は発症しないように抗うつ剤を服用し、診察を受ける必要があります。なぜそこまで時間がかかるのかというと、うつはほんの些細なきっかけで一気に悪化し、一度発症すると再発のリスクが格段に増えるからです。そして、悪化した時は日常生活に支障が出るほどの無気力や感情障害に見舞われます。しかし、予防をして発症する前に原因を見つけて解決すれば発症しないので早ければ一ヶ月以内に完治することもできます。よって、うつは予防に対して力を入れることが重要であるといわれています。うつは主にストレスが原因で発症し、不眠症や全身筋肉痛などの肉体的な症状のほか、常にイライラしていたり、逆に落ち込み続けたり、他にも無気力や何に対しても興味がわかなくなるという精神的な症状も発症します。これらがひどい時は半年以上24時間常に発症しているため、何らかの手段で対策を練らない限り状況は悪化していくばかりです。

予防手段

うつ病予防のためにすることは、とにかくストレスを溜めず、発散させることです。趣味に没頭する時間を作ったり、食事や睡眠をしっかりととったりしましょう。特に睡眠は大事であり、ぐっすり眠ることで最もストレスを解消することができ、反対に寝不足が続くとストレスが溜まりやすくなってしまいます。ストレス解消兼うつ病予防の手段として、スポーツがあります。運動をすることでストレス解消につながるほか、体の自律神経を鍛えることができ、うつ病になりにくくなるという隠れたメリットもあります。また、瞑想もストレス発散に絶大な効果を発揮します。瞑想で心を落ち着かせ、自分の見直しをすることで悩んでいることの解決策が見つかり安くなるのです。また、瞑想はうつ病の症状改善にも活躍しています。瞑想をした後に有酸素運動を行なうMAPトレーニングは実際に取り入れられていることが多いです。最初は瞑想の方法がわかりにくく、効果は実感しにくいかもしれませんが、何度もやっていくうちに覚えていき、しだいに効果を実感しやすくなっていきます。コツとしては、ゆっくり鼻から息を吸い、ゆっくり鼻から吐いていくことを意識するのが肝心です。

診断で防げます

これら予防の他にも、自分の現状を知ることも大事です。ネットで行なっているセルフ診断を行い、問題がないかどうかをチェックするというのも大事です、セルフ診断でも詳しくチェックをすれば自分の現状がわかりやすいため、心療内科で相談するほどではないと思ったのであればセルフ診断を受けましょう。もっと本格的に知りたいときに病院で医師から直接診断を受けて不安要素をなくしていきましょう。うつは、発見しにくい病気です。気がつけば発症していたなんてケースも珍しくはないため、もし自分が不眠症になっていたりイライラがよく募っていたり、昔はあれほど没頭していた趣味に急に飽き始めたのであれば、一旦診断を受けて自分の現状を知りましょう。そして、診断結果に問題がないのなら症状が悪化しないように気をつけましょう。

放置は危険

うつ病は放置している期間が長ければ長いほど自体は深刻になっていきます。「まだ大丈夫」というタイミングはなく「今すぐに治療」という危機意識を持ち、診断を受けましょう。

抗うつ剤での治療

うつ病と診断された場合、投薬による治療になることが多いです。服用することで薬よって効果は違いますが、用法用量をよく守り使用することで安眠効果を始めとした様々な効果が期待できます。

うつ病になった自分と向き合う

もし、心療内科などでうつだという診断が出た場合、考えなければいけないことはたくさんあります。仕事はどうするか、どう治すかなど様々です。治療には年単位で時間がかかるので、落ち着いて治しましょう。

Copyright © 2017 うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう All Rights Reserved.