診断

うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう

抗うつ剤での治療

医者

うつの治療

うつ病の治療は、診断によるカウンセリングや、日光を浴びながらの運動など改善方法がありますが、中でもメインになるのは投薬療法です。うつ病の治療に用いるお薬は、主に抗うつ剤がメインです。抗うつ剤と一言でいっても様々な種類があります。中でも代表的なのが、モノアミンの再取り込みを阻害するものです。モノアミンとはセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の総称です。これらモノアミンは感情の面に主に作用する物質であり、多幸感や感情の抑制、物事に対する意欲などに影響があります。これらがないと、人は無気力になるほか、何をやっても気分が落ち込み、感情に歯止めが効かなくなってしまいます。再取り込みを阻害するというのは、分泌を阻害するということではなく、吸収・分解によるモノアミンの喪失を防ぐという意味であり、抗うつ剤を飲むことで分解されずにモノアミンを増やす効果が期待できます。他にも、睡眠を促進する睡眠薬のような働きを持つものもあります。コレはただ眠りやすくなるだけではなく、深く眠る効果が期待できるお薬です。うつの症状でも代表的なのは不眠症であり、症状がひどい場合は深く眠らせることによりストレスの解消を図ることができます。これらは医師の診断により処方されたものを飲むことで、自分の症状にあった治療を行なえます。なお、風邪薬などとは違い、抗うつ剤は市販されていません。理由としては、抗うつ剤は種類があり、服用することでかえって自分の症状を悪化させる可能性もあるからです。

漢方薬による治療

診断によって軽度のうつ、もしくはうつになりかけの状態だと判断された場合、抗うつ剤ではなく漢方薬を処方されることもあります。漢方薬は抗うつ剤に比べれば効き目は弱いですが、それ以上に余りあるメリットが、副作用がないということです。抗うつ剤は鬱に対して抜群の効果を発揮しますが、その分副作用も強く、体に悪影響が出ることもあります。漢方薬は、症状の原因を叩くのではなく、体を健康に作用する力を与えて免疫力を高めることができるからです。他にも、漢方によってリラックスする効果も期待できます。また、診断の結果どちらも処方されることがあります。

きちんと使い切るのが大事

抗うつ剤を飲むときの注意点としては、用法用量をきちんと守ることです。というのも、うつになっている時は判断力や思考力が鈍ってしまい、自分でかってに「もう飲まなくても後は自然に治るだろう」と思い、飲まなくなってしまうことがあります。そうなると、再び症状が悪化してしまい、また治療のやり直しになることもあります。そういったことを何度も続けていくと副作用の症状も溜まっていき、症状はかえって悪化する可能性があります。それは非常に月日とお薬がもったいないです。医師の言いつけをキチンと守り、毎日決まった量のお薬を飲み一日も早く治しましょう。なお、家族の誰かが代わりに管理し、毎日飲むときに手渡すというのも有効です。患者はたまに「もう必要ない」と勝手に判断して処分してしまうこともあるからです。

Copyright © 2017 うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう All Rights Reserved.