診断

うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう

うつ病になった自分と向き合う

メンズ

まずは受け入れる

ネット上ではセルフ診断によってうつ病かどうかを確認できますが、実際に診断結果で鬱だと判断されるには、相当のプロセスがあります。まず、実際に心療内科へ行き、精神科医による診察を行ないます。その際、うつ病の診断基準との照らし合わせをカウンセリングなどで行ない、より詳しく掘り下げていきます。そして、心理検査を行ない最終的なチェックをします。これらの検査や診断は、実際には非常に困難です。うつは風邪や盲腸のように体調不良を起こしたらすぐに異常がわかる類のものではなく、あくまでも患者の言葉から推測しなければならないため、簡単にうつだと診断結果を出すわけにはいかないのです。また、これらの診断の中には服装から自分の現在の悩みまでありとあらゆることを聞かされるので、事前に調べておくと良いかもしれません。鬱だと診断結果が出た場合、これからどうやって治していくかの説明を受けます。その際に薬を処方されることがあるので用法用量を守り、きちんと飲みましょう。なお、抗うつ剤が効果を発揮するのは服用してからおよそ二週間以上後なので、それまでに効果が出ないからといって飲むのをやめないようにしましょう。うつの改善は、まずきちんと眠れるようにすることから始めます。睡眠はストレスの緩和において最も優れた効果を発揮するからです。日光を浴びたり、運動をしたり、お薬を飲んで眠りやすくなったりといったことを行なえば可能になります。しかし、症状があまりにもひどい時は外出せず、家で静かに過ごしましょう。

仕事はどうするか

うつを発症した時、どうしても気になるのが日常生活の過ごし方です。とりわけ仕事に関しては会社によってどうすればいいのかということは大きく変わります。その場合、まずは相談をしましょう。この時、症状を黙っているというのは、実際には逆効果です。鬱を発症した場合、基本的に作業能率は著しく悪化します。そのため、健康体だと思われている場合、評価は逆に悪化してしまいます。そうなると評価に響くため、診断結果が出た場合、先に上司に報告し、相談をしましょう。鬱になりやすい特徴の人に、なんでも自分で背負い込むという人が挙げられます。こういった人はとにかく何でもかんでも無理して自分で背負い込むことが多いため仕事に関してもストレスをためやすくなってしまいます。鬱になったのであれば、自分の出来る限りのことのみを行ないましょう。ここで無理して悪化した場合、かえって会社に迷惑がかかってしまいます。また、可能ならばいっその事休職をするというのも一つの手段です。これらは会社によってどうなるのかが異なるので、まずは相談をしましょう。

Copyright © 2017 うつの可能性は診断で把握して早めに解決しましょう All Rights Reserved.